シャトー・ル・テルトル・ロートブッフ1995~ステーキとのペアリングの行方や如何に!?~

こんにちは♪ スタッフのひとみです。 いつもご愛読頂きましてありがとうございます! 茹だるような暑さが続きますね、、、 体調を崩さないよう、皆さん気を付けましょうね♪ さて、今回は先日頂く機会があった、 『Ch.Le Tertre Roteboeuf 1995 シャトー・ル・ テルトル・ロートブッフ』について、 ご紹介したいと思います! 社長、ありがとうございます♡

こちらのシャトー、ル・テルトル・ロートブッフは、
ボルドー右岸のサン・テミリオン南東部にある
特級ワイナリーです。





現当主のフランソワ・ミジャヴィル氏が、
1977年に義父が所有し、
当時シャトー・ル・テルトルと呼ばれていた
区画を継承、その後、この区画で重い荷物を運ばせていた
牛の慄きを表現する「ロットブフ」を名前に加えて、
シャトー・ テルトル・ロートブッフとして
リリースしたシャトーだそう。






驚くことに、このル・テルトル・ロートブッフのシャトー名は、
なんと「ゲップする牛の丘」という意味だそうです。
前述の通り、耕作する雄牛にちなんだとされていますが、
なぜ、ゲップなのか。。。。
調べましたが、分かりませんでした(笑)






さて肝心の味わいですが、非常にパワフルで、
凝縮感を感じます。
1985年以来、新樽比率100%に拘って造っているとのことですが、
熟成後25年以上経ても尚、非常にタニックで力強い!!






香りは、バニラアイスにプラムジャムをかけたような、、、
少し焦げたフォンダンショコラやロースト仕立ての
コーヒー豆のような、、、
はたまた乾いた土の香りなどなど、、、、

うん、、、、タンニンが非常に力強いので、
ステーキなどの食事と合わせた方がいいかも、、、、、
ということで、我らがボスしのPが、ご近所の某高級スーパーで、
お肉を買ってきてくれました♡笑
↓相変わらず写真がダメダメで申し訳ないです。。
かなりのサシが入っていて、とても良いお肉です♡
が、、
入り過ぎてて、重い、、、、
ヒレ肉とかの方が合った、かも、、、しれません。。。笑
ということで、ローストオニオンが一番おいしかった!笑
ごちそうさまでした❤
(文:ひとみ)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA