【シャトー・シャロン】元祖・黄色ワイン

こんなワインをグラスで提供してます。

Chateau-Chalon (Domaine BAUD Generation 9)

シャトー・シャロン (ドメーヌ・ボー・ジェネラシオン・ヌフ)

ヴァン・ジョーヌ(黄色ワイン)

の最も著名な銘柄ですね。

「シャトー・シャロン」と言っても、

「シャトー・マルゴー」や

「シャトー・ラトゥール」

のように、生産者を表しているのではなく、

「シャトー・シャロン」という名のAOP(原産地呼称)です。

指定された地域で、規定を守って作られたヴァン・ジョーヌだけが

「シャトー・シャロン」を名乗れます。

このワインの造り手は、

ドメーヌ・ボー・ジェネラシオン・ヌフ

・・・うーん。

たぶん、ネーミングで3割損してますね。。。

長い&わかりにくい。。。

シャトー・シャロンは製法が細かく規定されていますので、

造り手によるクオリティレベルの差はそこまで大きくないかと思いますが、

いちど、国内で手に入るシャトー・シャロンをズラッと比較試飲してみたい気もします。。。

外観は、ヴァン・ジョーヌの名の通り、白というより黄色。

香りが独特で、アーモンドと白い花をあわせたようなもの。

ドライシェリーをご存知の方なら、その香りと言ったほうがわかりやすい。

実際、ドライ・シェリー(フィノ)の製法とヴァン・ジョーヌの製法はほぼ一緒です。

しかし、ヴァン・ジョーヌのほうが熟成期間が長いです。

味もクセがあるので、好き嫌いが分かれるワインです。

僕も昔はちょっと苦手でした。

今は好きです。

大人になったんですかね???

ボトル1本買うのは勇気がいりますよね。

そう思い、グラスで試飲できるようにしました。

ぜひ、試してみてください。

グラス

50cc1,200円

です!

ちなみにボトルはオンラインショップでも購入できます。

コチラ

よろしくです!

(文:しのはら)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA