第3回みんなでブラインド♪ひとみんがすごいぞ!!(シャルドネの比較)

こんにちわいん。

ソムリエ達が、ブラインドするとどうなるのか!!??

年末のガクトさんのように当てられるのか!!

今回のブラインドは、白ワイン2本です。

ワインの解説はこちらより。

🌟1番目のワイン

2005 Chablis les Blanchot Domaine Laroche

シャブリ レ・ブランショ ドメーヌ・ラロシュ

シャブリのグランクリュの作り手としては珍しくスクリューキャップを採用。

最近のヴィンテージのものは、蝋キャップになっている。

シャブリは大きく7つのグランクリュに分かれるが、なかなかその全てを比べる機会がないので、

その個性を理解することは難しいが、その個性は似て非なるものである。

ブルゴーニュのグランクリュは、33個あるが、その7つをシャブリが占める。

そう考えるとかなり重要で愛すべき畑なのがわかる。

畑の面積は、105ha

年間平均生産量はわずか70万本。

今回のブランショは、白を帯びた石灰岩と明るい色の粘土石灰の下土で構成されている。

ねっとりとしたミネラルを感じられるタイプのワイン。

位置としては、最大面積を持つレ・クロと隣接されている。

味わいのコメントとしては、澄んだ輝かしいゴールド。少しグリーンがかる。

力強いニュートラルなアロマ。少し、還元を感じ取れるが。

香りの印象に比べ、味わいは優しくチョーキーでミネラリー。余韻は長い。

まだまだ若々しさが残り、パワフルである。

飲み頃はあと20年後かな。

今飲んでも十分に楽しめるが、デキャンタをお勧めいたします。

わりと低い温度から味わっていただいた方がたのしいいかな。

肉厚なタイプですので、鳥肉・豚肉などの柔らかい味わいのお肉と合わせてみてください。

おすすめは、グリーンマスタードなどの酸味があるソースがおすすめです。

🌟2番目のワイン

2005 Chassagne Montrachet En Virondot     Domaine Marc Morey

シャサーニュ・モンラッシェ アン・ヴィロンド ドメーヌ・マルク・モレ

マルク・モレのフラグシップ的なワインになりますが、この畑は1級畑の中では少し変わった位置に存在します。

斜面の頂上に位置し周囲には、低木が生い茂ります。

湿気が多い時の方が良いブドウができるという少し変わった土地です。

単独所有はしていませんが良い区画は全てモレが所有しています。

色味は輝かしいながらも、少し黄金かかり熟成感を感じさせます。

1番に比べると香りは穏やかで柔らかなニュアンス。

酸味はシャープでありますがコクを伴う旨味が感じられより複雑で優美で上品。

丸みが出ていて角が削れてきているので熟成のピークの段階に足を入れつつあるワインであると思います。

まさに優等生的なワインでフランスワインが好きな方は、絶対好きでしょうw

新たる比率が高くなく、ステンレスとの掛け合わせで作り上げるので全体的に重すぎず、バランスの良い仕上がりになっています。

継続的にスタッフのブラインドは続けていきますので、是非とも推しメンのコメントだけでもみてみてくださいね!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA